2021/9/16 更新

Staff's PickUp

Vol.4手軽さがポイント! フランス出身スタッフが自信をもっておススメするフランス気分が味わえるピカール商品 3選

今回はPicard 広尾店 店員モードのおすすめをご紹介!

フランスファン必見♪おうちでフランス料理を手軽に作りたい時に便利な食材をフランス人の私がご紹介いたします。

フランス家庭料理の味を手軽に再現「クリームソース(サンジャックとシャンパン風味)」

“サンジャックとシャンパン風味のクリームソース”はゼッタイおススメしたい商品の一つです。

日本では“ホタテ貝”で慣れ親しまれているサンジャックの貝柱、シャンパーニュ、エシャロット、バター、マッシュルームを使っています。貝の風味が豊かです。

お魚やエビやカニなどの甲殻類など、シーフード料理に最高に合うクリームソースです。

ピカールの具沢山なシーフードミックスを解凍して、あったかいご飯と温めたクリームソースを合わせれば、包丁も使わずに手軽にメイン料理の完成です!

他にもピカールのソースシリーズはとってもおいしい物ばかりなので、ぜひ試してみていただきたいです。フランス家庭料理の味を手軽に再現できますよ♪

ホロッホロのお肉とジューシーなジャガイモが最高!「鴨肉のコンフィとジャガイモのサラデーズ」

フランスでは定番料理の鴨肉のコンフィとジャガイモのサラデーズ。フランス南西部の伝統的な家庭料理です。

“鴨肉のコンフィ”というのは聞いたことがある方も多いかもしれませんが、“ジャガイモのサラデーズ”というと、あまり馴染みがないかもしれません。

ジャガイモのサラデーズとは、鴨の油とニンニクでジャガイモをソテーしたもの。ちなみに鴨肉のコンフィは、鴨肉をひたひたの低温の油でじっくり加熱した料理のことです。

口の中に入れるとお肉がホロッホロにほどけて、ジャガイモは油を吸ってジューシーで、何とも言えない味わいです。

ピカールの鴨肉とコンフィとジャガイモのサラデーズは、鴨のもも肉を使っています。ほのかにコショウが香るマイルドなソースでいただきます。

ちなみにジャガイモのサラデーズはフランス語でポム・ド・テール・ア・ラ・サデーズといいます。

電子レンジなら600Wで約8分加熱すれば、あっという間にご馳走のできあがり♪ 赤ワインをプラスすれば、もういうことなし! これだけでフランスの食卓気分が味わえます。非日常を楽しみたくなったら、ぜひどうぞ。

家族でペロリ!「シェーブルチーズ、ズッキーニ、トマトのミニケーキ」

塩味のパウンドケーキのことをフランスでは“ケークサレ”といいます。私はこのケークサレが自分で一からつくることもあるほど大好きなんです!

そしてケークサレを手軽に食べられるのが、ピカールの“シェーブルチーズ、ズッキーニ、トマトのミニケーキ”。シェーブルチーズとはヤギのチーズのことです。個性ある風味がとってもおいしいんです。おつまみとしてはもちろん、食事の時にソーセージやハムと一緒に食べます。

食卓に2,3個分の量を出しておくと、家族であっという間にペロッと食べちゃいます。

オーブンと電子レンジと両方で調理可能なのですが、私は断然、電子レンジ派です。500Wで4分30秒~5分温めた後に5分ほどおけばできるので、25~30分かかるオーブンと比べて早く食べられる、ということはもちろんなのですが、電子レンジだとしっとり仕上がっておいしいんです! パリッとした食感と焦げ目を楽しみたい方にはオーブンがおススメです。

お好みに合わせて楽しんでくださいね。

更新:2021/9/16

関連記事

  • 【ボナペティフランス】​

    ホームパーティーのおもてなしにおすすめのフレンチメニュー5つ

  • 【ボナペティフランス】​

    フランスの家庭料理で温まろう! 冬にぴったりのフランス料理4選

Copyright © Picard. All Rights Reserved