2021/8/24 更新

Staff's PickUp

Vol.3常備必須!おうちでフランス家庭料理を作る時おすすめの食材3選

今回はPicard 広尾店 店員モードのおすすめをご紹介!

フランスファン必見♪おうちでフランス料理を手軽に作りたい時に便利な食材をフランス人の私がご紹介いたします。

常備がおすすめ!「パイシート」

フランス人でも一から作るのが大変だな…と感じるのが、パイ生地です。ですが、フランス料理には欠かせない食材の一つでもあります。

そこで、

ぜひ! おススメしたいのが“パイシート”なんです。

直径30㎝、厚さ5㎜のしっかりとした丸型の生地が2枚入っています。フランス産の小麦とヨーロッパ産のバターというこだわりの素材で作っていて、シート状なのでとっても使いやすいのもポイントです。

フランス流の食べ方でおススメは、パイシートにマスタードを塗って、その上にスライスしたトマトとエメンタールチーズをのせて焼き上げる“野菜のパイ”!

マスタードの辛さとバターと小麦の風味があいまって、とってもおいしいんです。

フランスでは夏のパイといえば、野菜のパイが定番です。BBQやテラスでブランチ等の時に、外で食べる野菜のパイは最高ですよ。もちろんワインにもピッタリです♪

サラダには必須「アボカド(角切り)」

フランス人はアボカドが大好き! でも種をとって皮をむくのってちょっぴり面倒くさかったりもします。

おまけに、うまく種がとれなかったり皮がむけなかったりして、グチャグチャになってしまうこともあります。いさぎよくディップにしちゃえばいいのですが、やっぱり固形のままサラダにして食べたい時もありますよね。

そんな時は“アボカド(角切り)”!

アボカドの皮と種をとり、サイコロみたいにカットしたアボカドがたっぷり300g入ってます。彩りもよくて、もちろん、カタチもとてもキレイです。

私のおススメは、アボカドサラダ。

私が大好きな日本のおいしい食材、カニカマとエビなどをマヨネーズで混ぜ合わせるだけ! あっという間に彩りもキレイなおいしいサラダのできあがりです。これは本当に簡単でとってもおいしいので、ぜひぜひ試していただきたいです。事前に解凍しておくのを忘れないようにしてくださいね。

フランス家庭料理に欠かせない「BIOズッキーニ(輪切り)」

フランスの食卓に欠かせない野菜といえばズッキーニです。最近は日本のスーパーでも安く手に入るようになって嬉しいです。

ですが、フレッシュなズッキーニが手に入らなかった時のために、私は“BIOズッキーニ(輪切り)”を常備しています。

イタリアで有機農法でつくられているので安心安全でとってもおいしいんです。私のおススメはグラタンやクランブルにアレンジすること。

使う時に一度ゆでるのですが、その際にしっかり水気をきっておくことが美味しく仕上げるポイントです。

ズッキーニのグラタンは、ズッキーニとたまご、生クリームを混ぜあわせ、耐熱容器に入れます。上から好みのチーズをのせて焼くだけなのでとっても簡単。

そして、ズッキーニのクランブルは、少し手間をかけたい時などに。生クリーム、バジル、エメンタールチーズを合わせてベースとなるクリーミーなソースを作ります。その上にズッキーニをのせ、クランブルの生地をパラパラとふりかけてオーブンで焼き上げます。とてもおいしいですよ。

どちらもとってもおススメなので、ぜひ試してみてください。作り方が分からなかったら、広尾店のモードにいつでも聞いてくださいね♪

更新:2021/8/24

関連記事

  • 【ボナペティフランス】​

    毎日の食事作りに活用しよう! 食卓に「冷凍野菜」がおすすめの理由

  • 【ピカールのトリビア】

    クレープとガレットの違いって? 気分はパリジャン!クレープリーな食卓レシピ

Copyright © Picard. All Rights Reserved